沿革

日仏整形外科学会の設立趣旨と沿革
 我が国において医学は、整形外科学も含めて明治以降のドイツ医学、第二次大戦後のアメリカ医学を主流として多くの事を学び発展してまいりました。

 翻ってフランスは近代整形外科発祥の国であり、古くから大きな業績が見られ、そもそも整形外科(Orthopédie)という言葉が誕生したのもフランスであり、アングロサクソン系のものとは異なった天才的な独創性がある事は世界的に認められております。

 近年我が国の整形外科医が少なからずフランス留学を経験し、また今後の留学希望も年々多くなっております。

 この間の大きな障害の原因の一つは、医系における外国語の習得が英・独語に限定されてきたことにあると考えられます。しかし、一度フランス医学を経験したものにとって、その独特の考え方は深く感銘を受けるものであります。

 したがってこのようなことから、両国の交流が増大することは学問的交換のみならず、おたがいの親善にも役立つと考え、かつてフランスに留学経験を持つものが提唱して本学会の創立をみたものであります。

 本会の第一回の会合は1987年11月神戸にて開催され、成功裡に終えることができました。さらに1988年11月東京において第二回を、1989年11月には大阪で第三回の会合を持ち、いずれも多数の参加者があり、フランス側の参加者にも好評を博しました。

 第三回目の会合の際、かねてよりフランス側から申し出のありました日仏両国間の整形外科医の交換研修の案が進められました。この日仏の若い整形外科医の相互受け入れ研修については、渡航費はそれぞれの国で、滞在費は受入先で賄う事と取り決められ、この案にしたがって既に1990年秋にはフランスからの交換研修医を受け入れました。毎年12月から1月にかけて、次年度の日本側候補者の選考をおこなっております。

 また、この第三回の会合に於いて、フランス整形外科学会との協議会[AFJO (Association France Japon d'Orthopédie) ]の設立も決定され、その第一回の会合および学術会議が1990年11月にパリで成功裡に終りました。この会は隔年に開催される事となりました。

次回および現在までの学会開催年度と場所は以下の通りです。
日仏整形外科学会 (SOFJO)
第1回 1987年11月6日 神戸 ポートピアホテル
会長 七川 歓次(滋賀医科大学整形外科)
第2回 1988年10月29日 東京 日本都市センター
会長 七川 歓次(滋賀医科大学整形外科)
第3回 1989年11月11日 大阪 ホテル・ニューオータニ大阪
会長 七川 歓次(滋賀医科大学整形外科)
第4回 1991年11月9日 大阪 大阪コクサイホテル
会長 七川 歓次(滋賀医科大学整形外科)
第5回 1993年10月30日 大阪 千里サイエンスセンタービル
会長 七川 歓次(滋賀医科大学整形外科)
第6回 1995年5月10日 大阪 大阪国際交流センター
会長 七川 歓次(滋賀医科大学整形外科)
第7回 1997年11月1日 京都 国立京都国際会館
会長 七川 歓次(滋賀医科大学整形外科)
第8回 1999年10月16日 大阪 ホテルグランビア大阪
会長 山野 慶樹(大阪市立大学医学部整形外科)
第9回 2000年11月25日 横浜 パシフィコ横浜
会長 坂巻 豊教(国立小児病院整形外科)
第10回 2002年10月12日 弘前 アップルパレス
会長 原田 征行(青森県立中央病院)
第11回 2004年11月6日 神戸 神戸国際会議場
会長 小野村敏信(大阪医科大学)
第12回 2006年10月14日 京都 京都ホテルオークラ
会長 久保 俊一(京都府立医科大学)
第13回 2008年9月27日 東京 日本都市センターホテル
会長 金子 和夫(順天堂大学医学部附属静岡病院整形外科)
第14回 2010年9月25日 広島 広仁会館
会長 安永 裕司(広島大学大学院医歯薬学総合研究科)
第15回 2012年9月22日 東京 東京ドームホテル
会長 飯田 哲 (松戸市立病院)
第16回 2014年9月6日 福岡 アクロス福岡
会長 塩田 悦仁 (福岡大学医学部)
第17回 2016年11月25日・26日 岡山・香川 ラヴィール岡山・ベネッセハウス
会長 藤原 憲太 (大阪医科大学)
日仏整形外科学合同会議 (AFJO)
1990年 第1回 パリ
1992年 第2回 京都
1994年 第3回 パリ
1996年 第4回 東京
1998年 第5回 リヨン
2001年 第6回 大阪
2003年 第7回 グルノーブル
2005年 第8回 京都
2007年 第9回 ニース
2009年 第10回 沖縄
2011年 第11回 ボルドー
2013年 第12回 京都
2015年 第13回 サンマロ
2017年 第14回 日光

・AFJOのTopPageへ・SoFJOのTopPageへ